2018
3
Jul

レゴの歴史お城シリーズレゴランド

【レゴの歴史】レゴランド・ナイトキングダムに飾られた懐かしい盾から思い出すお城シリーズ<その3>

【最終更新日:2019年1月13日】
名古屋のレゴランドの人気エリア「ナイトキングダム」に飾られた盾を通して、お城シリーズの歴史を紹介して、もっとレゴランドを楽しんでもらえたらと思って始めたこのシリーズ。
初回はお城シリーズの初期に登場したゴーストナイトとブラックファルコンを紹介し、前回はドラゴンの盾をキーワードに、ブラックナイトとドラゴンナイトの時代に、お城シリーズがファンタ―ジー世界へと世界観を広げた話をしました。
ナイトキングダムのエリアにドラゴンがモチーフのアトラクションがたくさんあるのは、その歴史の中でドラゴンが重要なキャラクターだったからですね。

さて、いよいよ最終回の今回はこの盾。

正面を向いたライオンの顔がアップの盾を持った騎士団の紹介です

 

 

これまでの2回の記事で紹介した通り、お城シリーズは始まって以来、騎士団や兵士たちを中心としたセットが展開されてきました。
時には騎士や兵士たちだけでなく、1986年の小さい馬車のセットではお姫様のようなカワイイ女の子がついていたこともありました。
1990年のゴーストナイトのお城で初登場したゆうれいは、その後も1992年のブラックナイト城でも登場し、1993年に現れた魔法使いドラゴンマスターの弱点という設定でした。
騎士団や兵士たち、お姫様等の中世ヨーロッパの世界観をばっちり表現したキャラクターだけでなく、ゆうれいや魔法使いも加わって、お城シリーズは「剣と魔法のファンタジーワールド」を舞台とした世界観になったのです。
でも、よく考えてみてください!
何か大切なキャラクターを忘れていませんか?騎士たちを束ねる人、お姫様の旦那様。
そうです。レゴの世界にはずっと王様がいなかったのです!

レゴランドの盾のデザインで振り返るお城シリーズのロイヤルナイト

スポンサーリンク



ロイヤルナイト(1995年~1998年)

1995年、お城シリーズの歴史になぜかずっと登場することがなかった「王様」に率いられた騎士団がついに登場しました。
その名も「ロイヤルナイト」。ロイヤルが「王の~」という意味ですから、まさに王家直属の騎士団、王立騎士団です。

 

※ちなみに、ロイヤルミルクティーはイギリス王朝風のミルクティーということから日本ではこのように呼ばれていますが、日本独自の和製英語で紅茶の本国イギリスでは存在しないのでご注意を。
このカタログ写真をご覧ください。
黄金の冠を被ってマントをなびかせる姿はまさに王様、ロイヤルキング。黄金の兜はレゴで初めてのメッキ仕上げで、銀メッキが施されたピカピカの長い剣も持っています。
ロイヤルナイトの騎士団や歩兵たちの先頭に立って突き進む姿は、彼が本当のリーダー、真の王様であることがわかります。

※ボスとリーダーの違い

 

さて、そんなロイヤルナイトたちの居城はロイヤル・キング城。

1995年に発売された最大規模のお城のセットです。黒い城壁はブラックナイトのお城から引き継がれたものですが、立体基礎はブラックナイトやドラゴンナイトのこれまでのお城よりも大きく、新しい青い塔状のパーツや正面の石模様のプリントパーツ等によって全体として”ロイヤル感”が出ていますね。

 

(LEGO社のHPより掲載)

 

このお城の他にも、王様のイメージにピッタリの白馬に率いられた馬車のセットもありました。

白馬だけでなく、兵士たちや王様の白い足のパーツがオシャレですね。

(LEGO社のHPより掲載)

 

ロイヤルナイトのほとんどのセットは1995年に発売され、1998年にレゴのお城シリーズの世界から姿を消します。

 

スポンサーリンク


レゴ・お城シリーズの名脇役たち(森の人とウルフ盗賊団)

最後に、騎士団以外にもお城シリーズを賑わせた名脇役とも呼べる二つの種族を紹介したいと思います。

ロビンフッドをモチーフにした「森の人」と、盗賊団というちょっと悪役をイメージした「ウルフ盗賊団」です。

 

ロビンフッドをイメージした「森の人」

森の人の全ての写真はここから見れます♪

 

 

ウルフ盗賊団の荷馬車

ウルフ盗賊団の全部の写真はここから見てください♪

 

 

森の人は1988年に登場し、ブラックナイトゴーストナイトと戦い1992年に姿を消しました。

当時のカタログを見ると、森の中からたくさんの森の人が出てきてブラックドラゴン城を襲っているのがわかります。

戦争のシーンなのにどこかカワイイのはなぜでしょうね。

1989年のレゴ社のカタログ

 

一方で、ウルフ盗賊団は1992年~1994年という短い期間でしたが、ブラックナイトやドラゴンナイトのお城を荒らしていたようで、お城から宝物を盗んで逃げるウルフ盗賊団をブラックナイトが追いかけるカタログ写真がありました。

1992年のレゴ社のカタログ

 

逃げ去るウルフ盗賊団の馬車や、馬に乗って追いかけてくるブラックナイトより速く走り去る盗賊団の親分が素敵です。

後ろに続く仲間を笑顔で気にするその表情から、彼が真っ先に逃げ出すような臆病者ではなく、彼もまた真のリーダーであることがわかります。

先頭を切って追いかけてくる白い羽根の兜のブラックナイトも、おそらく騎士団長なのでしょう。

このようにお城シリーズのカタログでは子供たちに、「真のリーダーとはどのような者か」という世界中の大人たちが勘違いしている問にわかりやすい回答を示しているのです。

 

※ボスとリーダーの違い

 

 

話を戻しましょう。

森の人とウルフ盗賊団は印象が全く違う種族でしたが、1996年にはダークフォレスト(日本ではエルクウッド)という名前の下、短い期間ですが連合軍のようなイメージの服装で再登場しています。

左側のミニフィグが森の人。中央と右がエルクウッドとして登場したミニフィグです。顔にかぶる頭巾が特徴です。

特に、一番右は「前髪ちゃん」の愛称で人気のミニフィグです。

 

前髪ちゃんの人気の秘密はこちらでまとめています。

【レゴ・お城】前髪ちゃんの思い出

 

まとめ

このように80年代~90年代のお城シリーズは、レゴランドのナイトキングダムに飾られている盾に関連した5つの種族(ゴーストナイト、ブラックファルコン、ブラックナイト、ドラゴンナイト、ロイヤルナイト)が活躍し、森の人やウルフ盗賊団等の王国とは違った世界に住む名脇役が世界観を広げてシリーズを盛り上げていたのです。

それぞれに個性があり異なる特徴を持ちながらも、お城シリーズ全体として魅力的な世界観を持っていたことが人気シリーズの理由だったのではと思います。

 

レゴランドのナイトキングダムに飾れれた盾のデザインに注目して、お城シリーズの歴史を振り返るシリーズは今回で一旦おしまいです。

3回にも渡る長い記事を読んで頂き本当にありがとうございました!

 

あなたの好きな盾はどれですか?

 

これまでのお城シリーズの記事はこちら。

【レゴの歴史】ゴーストナイトとブラックファルコン<1980年代>

【レゴの歴史】ブラックナイトとドラゴンナイト<1990年代>

お城シリーズのお城セットをまとめて紹介しています♪

【レゴ・キャッスルの歴史】お城シリーズの歴代のお城セットをまとめて紹介(前編)

 

 

スポンサーリンク

 
コメントは利用できません。