2020
2
Feb

レゴのレビューレゴのディズニー

【レゴ・ディズニー】蒸気船ウィリー21317をレビュー

レゴ21317 蒸気船ウィリー

【最終更新日:2020年7月5日】

 

レゴのアイデアシリーズから、ミッキーマウスの生誕90周年を記念した素敵なセットが発売されました。

1928年のモノクロ短編アニメーション「蒸気船ウィリー」を再現したオシャレで可愛いセットです。

 

ミッキーとミニーのミニフィグが付属するので、レゴが好きな方だけでなく、ディズニーが好きな方へのプレゼントにもオススメ

 

この記事では、レゴの「蒸気船ウィリー」のセットのレビューをしています。

購入を検討している方の参考になれば嬉しいです!

 

 

【レゴ・ディズニー】アイデアシリーズの蒸気船ウィリー21317をレビュー

 

蒸気船ウィリーとは?

 

「蒸気船ウィリー」(原題:Steamboat Willie)は、1928年11月18日にアメリカ合衆国で公開されたディズニー制作の短編アニメーション作品です。

ミッキーマウスの短編映画シリーズとして、最初に公開された作品になります。

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

とある貨物の蒸気船を舞台に、ミッキーとミニーが登場。

公開日の11月18日は、ミッキーとミニーの誕生日になりました。

 

 

レゴ・アイデアシリーズ蒸気船ウィリー21317

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

 

ブロックの数:751

対象年齢:10歳以上の男の子と女の子

 

ファンのアイデアが製品化される「アイデアシリーズ」から、ミッキーの生誕90周年を記念したセットとして、2019年4月に発売されました。

それでは、セットの内容を詳しくレビューしたいと思います!

 

ところで、蒸気船ウィリーで登場したミッキーとミニーのレゴフィギュアが製品化されました。

レゴディズニー ミッキーマウス & ミニーマウス 43179

 

こちらにレビューをまとめていますので、気になる方はぜひご覧ください♪

関連記事

【大人のディズニーファンに!】レゴ・ミッキー& ミニー43179のレビュー

 

蒸気船ウィリーのセットレビュー

外箱

セットのパッケージはこんな感じになっています。

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

セット内容に合わせてパッケージもモノクロになっていて、レゴのロゴとミッキーのロゴが映えますね。

レゴ21317 蒸気船ウィリー

裏面には、セットを使った飾り方のサンプルが載っています。

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

側面には、STEAMBOAT WILLIEのロゴとミッキーのイラスト。

パッケージがとても可愛らしいのもこのセットの魅力の一つです。

 

スポンサーリンク


 

 

説明書(インスト)

このセットでは説明書がとても充実しています。

レゴ21317 蒸気船ウィリー

中を開くと、ディズニーファン必見の映画の説明や、制作段階のラフスケッチが記載されています。

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

英語がわからなくても、このイラストをよく見ておくと、レゴのセットの完成度がよりわかります。

 

ちなみに、完成したセットを見ると白と黒のブロックだけで作られているように見えますが、実は中身は様々な色のブロックが使われています。

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

組み立てやすくするために、色の違うブロックが内部構造に使われています。

 

 

セット内容

レゴ21317 蒸気船ウィリー

セットの全景がこちらです。

蒸気船ウィリーと、ミッキーの形をした記念のプレート、そしてミッキーとミニーのミニフィグが付属します。

 

 

ミッキーとミニーのミニフィグ

ヴィンテージ・ミッキーとミニーのミニフィグはこちら!

レゴ21317 蒸気船ウィリー

とってもカワイイ!

モノクロでレトロな雰囲気がなんとも言えません。

 

 

ミッキーは手に楽譜を、ミニーはギターを持っています。

 

ちなみに、同時期に発売されたミニフィギュアシリーズでも、モノクロのミッキーとミニーが登場しましたが、デザインが少し異なります。

このセットに含まれるミッキーとミニーは一部がメタリックなプリントがされていて、高級感があります。

 

ディズニーのミニフィギュアシリーズはこちらでレビューしていますので、ぜひご覧ください!

色んなディズニーキャラクターがミニフィグとして登場しています。

関連記事

【ディズニーのミニフィグ】レゴ・ミニフィギュア・ディズニーシリーズ第2弾のレビュー

 

 

記念のプレート

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

ミッキーの顔の形をイメージした記念プレート。

背面のブロックで斜めに飾ることができます。

 

1928というのは、蒸気船ウィリーが公開された年ですね。

このプレートの上に、ミッキーとミニーのミニフィグをのせて飾っても可愛いと思います。

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

 

スポンサーリンク


 

 

蒸気船ウィリー

それでは、蒸気船ウィリーを色んなアングルで紹介したいと思います。

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

大きな2本の煙突と外輪が特徴ですね。

この煙突と外輪は連動していて、船全体を手で前に動かすと、煙突が上下し、外輪がくるくる回ります。

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

 

「S.S.WILLIE」のタイルプレートもオシャレですね。

 

船を前から見たところです。

 

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

劇中に登場するオウムがとまっています。

ミッキーを隣に並べてみました。

 

船の上部に操縦室があり、ここにミッキーのミニフィグを載せることができます。

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

船の後部にはクレーンが配置されていて、積み荷を吊るすことができます。

じゃがいもの箱を吊るしてみました!

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

 

フライパンやお鍋などもバッチリ再現されています。

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

説明書(インスト)に記載されていたラフスケッチと見比べてみると楽しいと思います。

 

ミニーがギターを持って吊り上げられる劇中のシーンも再現できます!

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

レゴ21317 蒸気船ウィリー

 

ヴィンテージ感のある蒸気船の上で、ミッキーとミニーのミニフィグを使って劇中のイメージを再現することができます。

 

ところで、YouTubeのディズニースタジオの公式チャンネルで、蒸気船ウィリーの一部を見れるので貼っておきますね。

これを見ると、このレゴのセットの魅力がよりわかるかと思います!

 

 

まとめ

 

アイデアシリーズからの登場とあって、組みごたえのあるオシャレなセットに仕上がっています。

さらに「蒸気船ウィリー」の劇中のイメージが再現されたディズニーファンにもオススメのセットです。

 

インテリアとして飾ってもオシャレで、ディズニー好きな方へのプレゼントにもピッタリな「蒸気船ウィリー」

セットの魅力が伝われば嬉しいです!

レゴで作るミッキーとミニーのフィギュアはこちらで紹介しています♪

関連記事

【大人のディズニーファンに!】レゴ・ミッキー& ミニー43179のレビュー

 

ディズニーのミニフィギュアシリーズを紹介しています♪

関連記事

【ディズニーのミニフィグ】レゴ・ミニフィギュア・ディズニーシリーズ第2弾のレビュー