2019
25
Aug

レゴの歴史フレンズ&女の子向け

【女の子にオススメ】知育玩具レゴフレンズの人気セットを紹介!

レゴ・フレンズ

【最終更新日:2019年9月5日】

普通のレゴのミニフィグとは少し違った可愛らしい女の子たち、アンドレア、エマ、ミア、オリビア、ステファニーといったキャラクターがハートレイクシティを舞台に活躍するシリーズ、「レゴ・フレンズ」

日本では2012年から発売されている女の子向けの人気シリーズです。

 

実はレゴ・フレンズの登場以前、レゴで遊んでいたのは90%以上が男の子でした。

「パラディサ」や「ベルビル」などの女の子向けのシリーズはあったものの、それ程成功しているとは言えなかったのです。

 

レゴ社は5年にも渡る調査を行いこれまでの失敗点を分析し、女の子の好きな世界観を再構築したレゴフレンズを2012年に発売。

フレンズでついに、世界中の女の子たちに受け入れられたと言われています。

 

今回の記事では女の子向けの知育玩具の決定版「レゴ・フレンズ」のこれまでのセットを振り返りながら、シリーズの特徴を紹介したいと思います!

 

枠

レゴの知育効果についてはこちらでまとめています!

【子供の知育教育にレゴを!】東大出身者70%が遊んだレゴ・ブロックは何を育むのか?

枠

 

【女の子にオススメ】知育玩具レゴフレンズの人気セットを紹介!

スポンサーリンク


レゴ・フレンズとは?

2012年に発売された女の子向けのレゴシリーズが「レゴ・フレンズ」です。

それまでの女の子向けシリーズのいい点を採用し、ピンクや紫などのパステルカラーのブロックで日常生活を描き、カワイイ小物や動物たちのパーツが多いことも特徴です。

また、レゴ・フレンズの特徴として、通常のレゴのミニフィグよりも投身が高く、体がスマートな人形(ミニドール)があります。

 

 

フレンズでは、このミニドールを使って、アンドレア、エマ、ミア、オリビア、ステファニーの5人の女の子の活動に基づいたストーリーが展開されています。

5人はキャラクターとして好きなものや性格などが設定されています。

 

 

5人の人種がそれぞれ違うのも興味深いですね。

ステファニーはアングロサクソン系、オリビアはヒスパニック系、ミアは北欧系でしょうか?

アンドレアはアフリカ系でエマはアジア人に見えます。

 

また、『レゴ フレンズ 〜ともだちキラキラ!ものがたり〜 (Lego Friends The Power of Friendship)』というテレビアニメが2012年にYoutubeのディズニーで公式配信され、日本ではアニマックスで放送されました。

その後のネットフリックスなどでフレンズのアニメは配信され、2019年は『レゴフレンズ やってミッション シーズン2』が毎週水曜日午後5時更新でYoutubeのレゴ・チャンネルで配信されています。

 

このように、レゴ・ブロックの製品だけでなく、アニメの配信と一緒に世界観を楽しむことができるのもレゴ・フレンズの特徴です。

また、多少値上がりしていますが、過去のセットを今でも買うことができるものポイントです。

 

発売開始以来、毎年たくさんのセットが登場するレゴ・フレンズですが、その中から一部のセットを当時のテレビCMと一緒に見ていきましょう♪

 

枠

フレンズより前に発売されていた女の子向けの懐かしいシリーズを紹介しています♪

【レゴの歴史】レゴ・フレンズ以前の女の子向けのシリーズを紹介

枠

 

2012年

フレンズが登場したこの年は、5人のキャラクターの性格を特徴づけるセットがいくつも発売されました。

 

lego 3930

パーティを開くのが好きなステファニーの「アウトドア・ベーカリー(3930)

 

lego 3932

歌ったり音楽が好きなアンドレアの「ミュージック・ショー(3932)

 

lego

発明が得意なオリビアの「サイエンス・スタジオ(3933)

 

lego 3934

動物が好きなミアの「パーピーハウス(3934)

 

lego 3936

絵を描いたりアートが好きなエマの「デザインスタジオ(3936)

 

こうして5人のセットを見ると、遊ぶ女の子が5人の誰かに共感できるように上手くキャラクターの性格が特徴づけられています。

 

中箱のセットも女の子が興味を持ちやすいシーンを再現したセットが多く登場しました。

lego 3061

パークカフェ(3061)

 

lego 3187

ビューティーサロン(3137)

 

lego 3184

サマーキャンプ(3184)

 

lego 3188

アニマルクリニック(3188)

 

色合いがカワイイだけでなく、レゴらしい組みごたえもあり、小物もたくさんあって素敵なセットばかりです。

そして、フレンズが登場した2012年の最大セットはこちらでした!

 

カントリークラブハウス(3185)

 

郊外の乗馬クラブのセットで、カントリーハウスや宿舎、バスの他にたくさんの馬が含まれていて、総ピースは1096という作りがいのあるセットでした。

この年のテレビCMがこちらですが、女の子が友達と一緒に遊びに行くシーンが楽しく描かれています♪

 

2013年

フレンズの2年目の2013年も可愛らしいセットがたくさん登場しました。

 

 

lego 41003

マジックショー(41001)

ライオンではなく、小さいウサギ?なのがなんともキュートです♪

 

 

lego 41003

ウキウキファーム(41003)

水道の蛇口がレゴらしくとても上手に組まれています。

 

 

lego 41006

ダウンタウンベーカリー(41006)

パンやケーキ、それに食器や調理器具などの小物がたくさん!

 

ピクニック・スポーツカー(41013)

 

同じスポーツカーでも男の子向けの街シリーズとは違って、紫の可愛らしい色合いや動物が一緒なのがフレンズの特徴です。

この年の最大セットは豪華なクルーザーでしたが、これも街シリーズの船とは違った雰囲気で登場しました。

 

lego 41015

ラブリークルーザー(41015)

その名前の通りラブリーな雰囲気で、かわいいイルカも付いてきます。

甲板ではパーティができるようになっているのもフレンズらしいですね。

 

このクルーザーのCMがこちらです♪

 

2014年

この年はジャングルへの旅行をテーマにしたセットがたくさん発売されました。

普段の街の雰囲気とは違った自然の中でのアクティビティが可愛く再現されています。

 

エキゾチックジャングル(41032)

岩陰にいるサルやキノコなどが可愛らしい!

 

スプラッシュ・ジャングルフォール(41033)

ジャングルの滝に面して作られた小さなコテージ。

斜めに伸びるツルがいい雰囲気です。

 

ドキドキ・ジャングルリバー(41036)

小川にかかる橋とヘリコプター&車のセット。

乗り物が多いセットですが、ブロックの色合いでフレンズらしさが出ています。

 

ミステリージャングルパラダイス(41038)

コテージや木の上の小屋、川下りのボートや滑り台など、森の中の楽しいイベントを満載したセットです。

パンダやサル、小鳥などの動物たちもたくさん入っています。

スポンサーリンク


2015年

この年もフレンズは絶好調で、たくさんのセットが新しく登場しました。

ガーデンプール(41090)

プールサイドの小物や滑り台の組み方が可愛らしいです。

 

 

ハートレイク・ハーバーハウス(41094)

海辺に建つカワイイ灯台です。ただの灯台ではなくアイスクリーム屋さんと繋がっているのがフレンズらしいですね。

 

 

ドキドキ・エアバルーン(41097)

気球ももちろんかわいいですが、山や小川、焚火などを再現した組み方もレゴらしさがあると思います。

 

ハートレイクホテル(41101)

1531ピースで、この年の最大のセットです。

 

この年はポップスターのライブに焦点を当てたセットがいくつか登場しました。

スターのライブというのは男女問わず子供たちの憧れですね。

 

ポップスター・ライブステージ(41105)

ポップスター・ミュージックスタジオ(41103)

 

ポップスター・コンサートツアーバス(41106)

写真ではわかりづらいですが、レゴ社公式の製品紹介動画を見ると、バスの中にキッチンやシャワールーム、ベッドルームがあって、パーティができるようになっています。

移動する楽しいパーティーカーという感じですね。

 

2016年

2016年は子供たちに大人気のアミューズメント・テーマパークを舞台にしたセットが主役の年でした。

遊園地の乗り物やお店、ゲームなどのセットがたくさん登場しました。

遊園地ミニゲーム(41127)

テーマパークの出店にあるゲームコーナーが並んだセット。

奥のバスケットボールは実際にボールを飛ばしてゴールを狙うことができます。

 

遊園地スペースライド(41128)

遊園地の定番、ぐるぐる回る乗り物のセット。

よく見ると懐かしい宇宙シリーズのロゴが乗り物に描かれています。

 

遊園地ホットドッグカー(41129)

園内のホットドッグを販売している車ですが、車もホットドッグの形をしています(笑)

ホットドッグの着ぐるみを着た人形もカワイイですね!

 

遊園地ゴーカート(41133)

ゴーカートとバイキングのような乗り物セット。

ゴーカートは小さいエリアの中で上手く特徴を掴んで組み立てています。

 

遊園地ジェットコースター(41130)

遊園地の主役ジェットコースターと観覧車のセットです。

他にも小さいワゴンや絶叫マシンのタワーなどで遊園地らしさが満載です。

 

この年のテレビCMでは、もちろん遊園地での一日が描かれていました♪

 

2017年

この年はカワイイ子犬のドッグショーを再現したセットや、冬のスキーリゾートの世界を再現したセットが登場しました。

 

 

子犬のドッグショー(41300)

ミアと子犬たちのドッグショーのセットです。

シーソーやジャンプ台の他、子犬たちをケアするコームなどのアイテムがたくさん含まれています。

 

 

子犬のパレードカー(41301)

アンドレアと子犬が乗るパレードカーです。

車も犬の形になっていて、耳やしっぽ、舌などが可愛らしいデザインになっています。

 

 

スキーリゾート・ホットチョコカフェ(41319)

スキーリゾートでのホットチョコを販売する車です。

車の上に載ったマグカップの形のサインがオシャレですね。

 

スキーリゾート・スキーリンク(41322)

スケートリンクとカフェ・コテージのセットです。

クロワッサンやサックスなどの小物も充実しています。

 

 

スキーリゾート・スノーロッジ(41323)

スノーロッジとスノーモービルがセットになっています。

スノーロッジは雪が積もった様子が再現されていたり、左側に露天風呂があったりと組みごたえがありそうです!

 

 

キラキラスキーリゾート(41324)

2017年最大のセットです。

スキーリフトを登った先には山の頂上にレストラン。

熊の赤ちゃんのカワイイブロックも入っています。

 

2018年

2018年には5人のキャラクターそれぞれに部屋のセットが登場しました。

5人の性格に合わせてインテリアや小物に特徴を持たせた素敵なセットでした。

 

ミアのお部屋(41327)

動物が好きなミアはキャンプ中の部屋のセットです。

ウサギにもリボンがついているのがカワイイですね。

 

 

ステファニーのお部屋(41328)

ゴルフが得意なステファニーの部屋はミニゴルフがセットになっています。

 

 

オリビアの部屋(41329)

発明が得意なオリビアはロボット・ラボのような部屋です。

小さいロボットやパソコン周りの組み方がよくできています。

 

アンドレアのお部屋(41341)

音楽大好きのアンドレアの部屋にはたくさんの楽器があります。

ノートパソコンでも音楽関係のソフトを使っているみたいですね。

 

lego 41342

エマの部屋(41342)

絵を描いたり芸術が好きなエマの部屋には描きかけの絵画や彫刻があります。

黒電話が置かれているのも素敵ですね。

 

この年の最大のセットは998ピースのシティリゾートのモデルでした。

ホテルと一体になったウォーターパークとマリンスポーツの小物が満載のセットです。

ハートレイクシティ リゾート(41347)

スポンサーリンク


まとめ

 

今回の記事では、女の子に大人気のレゴ・フレンズが発売された2012年からこれまでに発売されたセットを振り返りました。

それぞれに個性のある5人のキャラクターを中心に、ハートレイクシティやテーマパーク、郊外のジャングルなど、色んな場所での楽しいシーンが再現されていました。

どのセットもレゴらしいブロックの組み方がありながら、色合いがパステル調で可愛く、愛らしい動物やオシャレな小物やアクセサリーがたくさん入っていて、女の子に人気なのも納得です。

 

フレンズ以前の女の子向けのセットはこちらで紹介していますので、よかったら覗いてみてください♪

 

最後に、2019年に発売中のレゴ・フレンズの製品を紹介して終わりにしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました!