2021
22
Mar

レゴのキレイな撮り方

【動画でわかりやすい】レゴの写真をキレイに撮る方法

レゴの写真の撮り方

【最終更新日:2021年3月22日】

 

海外のレゴコミュニティで有名なBrick Centralのマネージャーであり、レゴ社のアンバサダーであるFour BricksTall氏が自信のYoutubeチェンネルで、「レゴ作品を上手に撮るための方法」の動画を投稿していたので紹介したいと思います!

 

この動画で紹介されているのは、レゴを撮影する時の焦点の当て方。

動画は英語で説明されているのですが、この記事ではFour Bricks Tall氏の許可を得て、日本語に翻訳しましたので紹介したいと思います!

 

 

スマホでのミニフィグ写真のコツは、こちらの記事をご覧下さい♪

関連記事【レゴのミニフィグオモ写】レゴの人形をスマホで上手に撮る方法

 

【動画でわかりやすい】レゴの写真をキレイに撮る方法

Depth of Field for Creative Storytelling/創造性のある写真のための被写界深度

最初にFour BricksTall氏の動画を紹介します!

動画のタイトルにあるDepth of Feildとは日本語に訳すと被写界深度のこと。

 

動画を見て内容がわかった方は、ここで読み終えて頂いてOKです。

もしイマイチわからなかった方は、ここからの日本語の説明を読んでみて下さい♪

 

被写界深度とは?

レゴの写真の撮り方

カメラの用語でよく聞く「被写界深度」とはなんでしょうか?

また、これは写真にどのような影響を与えるのでしょうか?

単純に言うと、被写界深度とは「どの程度の範囲に焦点が当たっているか」を示す言葉です。

 

被写界深度が深い時、写真の中の全てに焦点が当たっていて、全てがシャープに写ります。

レゴの写真の撮り方

これは、Fours Brick Talls氏の動画内で紹介して頂いた僕の写真ですが、手前のミニフィグだけでなく、奥の帆船やその向こうの風景にもピントが合っています。

風景写真は、深い被写界深度で撮影される典型的な写真です。

 

一方で、浅い被写界深度で撮影された写真では、とても狭い範囲だけにピントが合います

レゴの写真の撮り方

この写真でも、手前のゾンビのミニフィグにはピントが合っていますが、後ろの二体は大きくボケていますね。

多くのポートレートでは、浅い被写界深度で撮影されています。

 

それでは、どうやって、被写界深度をコントロールしたらよいのでしょうか?

 

 

被写界深度のコントロールの仕方

レゴの写真の撮り方

被写界深度をコントロールするために、下記の3つを理解しましょう。

①Aperture/絞り

②Focus Distance/集束距離

③Focal Length/レンズの焦点距離

 

それでは、ひとつひとつを説明していきます!

 

 

Aperture/絞り

レゴの写真の撮り方

絞りとは、レンズから入る光の量を調整する部品のこと。

この絞りはカメラ本体ではなく、カメラレンズの中に備えられていて、レンズの中にあるシャッターをコントロールすることで、光の入る穴を調節します。

 

わかりやすく言うと、カメラの設定での「F値」のことですね。

レゴの写真の撮り方

このF値を変えると、絞りを調整することができます。

 

F値を2.8という小さい値にすると、、、

レゴの写真の撮り方

ミニフィグだけにピントが合っていて、背景はボケているのがわかります。

よく見ると背中に背負った矢も少しボケていますね。

 

一方でF値を10にすると、、、

レゴの写真の撮り方

F2.8で撮影した時に比べて、全てがシャープに写っているのがわかりますね。

 

二枚を比べてみましょう。

レゴの写真の撮り方

地面の緑のブロックや背景の写り方の違いに注目してください!

 

絞りについてまとめます!

・F値が小さい→背景がボケる

・F値が大きい→背景もくっきり

 

 

Focus Distance/集束距離

レゴの写真の撮り方

次に紹介するのは、Focus Distance(集束距離)。

難しい言葉ですが、カメラと被写体との距離というイメージでOKです。

 

 

レゴの写真の撮り方

ミニフィグをカメラに近づけて撮影すると、地面の緑のブロックさえボケて見えますね。

 

 

Focal Length/レンズの焦点距離

レゴの写真の撮り方

最後に紹介するのは、Focal Length(レンズの焦点距離)。

レンズには15mmとか50mmのように数字が記載されているはずです。

 

この値が小さい「広角レンズ」と言われるレンズでは、一般的に被写界深度が深くなります。

写る範囲が広くなり、ピントが当たる範囲も広くなるということですね。

レゴの写真の撮り方

24mmで撮影した写真がこちら。

かなり広い範囲が写っていますし、ミニフィグだけでなく背景もそれなりにシャープに写っています。

 

次に、同じ場所から70mmのレンズで撮影したのがこちら。

レゴの写真の撮り方

写る範囲がミニフィグ周辺に絞られ、背景も大きくボケているのがわかります。

 

同じ大きさでトリミングして並べると違いがよりわかります。

レゴの写真の撮り方

同じように見えますが、70mmのレンズで撮影した写真の方が背景がボケていますね。

 

 

スマートフォンのカメラは?

レゴの写真の撮り方

それでは、スマホのカメラはどうでしょうか?

動画ではGoogle Pixel 3が紹介されていますが、ここでは日本で一般的なi phoneのカメラについて説明します。

 

たとえば、i phone12の場合、背面の二つのレンズのスペックは下記の通りです。

広角カメラ:レンズ焦点距離は26.0mm(35mm換算)

超広角カメラ:レンズ焦点距離は14.0mm(35mm換算)

 

超広角カメラで撮った方が、より全体にピントを当てることができるはずです。

 

まとめ

今回の記事では、海外のレゴコミュニティで有名なBrick Centralのマネージャーであり、レゴ社のアンバサダーであるFour BricksTall氏のYoutubeチェンネルから、「レゴ作品を上手に撮るための方法」を紹介しました。

一番大切な絞りについて、もう一度まとめます♪

 

F値を大きくすると全体にピントが当たります!

レゴ21325中世の鍛冶屋レビュー

 

一方で、F値を小さくするとピントが当たる範囲が小さくなり、背景が大きくボケます!

レゴ21325中世の鍛冶屋レビュー

カメラのF値を調整して、背景のボケ方やピントの当て方を色々と試してみて下さい♪

レゴの大きな作品なら、大きめのF値で撮ってみるのがオススメです!

 

元動画:Depth of Field for Creative Storytelling

動画使用許可:Four Bricks Tall

 

スマホでのミニフィグ写真のコツは、こちらの記事をご覧下さい♪

関連記事【レゴのミニフィグオモ写】レゴの人形をスマホで上手に撮る方法