2020
15
Mar

レゴのレビュー

【レゴ初の日本車モデル】日産 GT‐R ニスモ 76896の購入レビュー

レゴ日産GT-Rニスモ76896

【最終更新日:2020年3月15日】

 

子供たちの知育玩具として世界中に多くのファンを持つレゴ・ブロックと日本の自動車メーカーの日産がコラボレーション!

なんと日本車初の公式レゴ商品「日産 GT-R ニスモ 76896」が発売されました!

 

これまでに世界中の数々の名車を再現した「レゴ・スピードチャンピオンシリーズ」の一台として登場。

3000円程度のお手軽な価格で、手のひらサイズで再現されたモデルです。

 

この記事では、GT-Rニスモのレゴとしての発売経緯や、実写の雰囲気をどこまで再現できているのかレビューしたいと思います!

 

 

【レゴ初の日本車モデル】日産 GT‐R ニスモ 76896の購入レビュー

 

日産GT-Rニスモとは?

 

GT-Rとは、日産スポーツモデルの象徴であるスカイラインGT-Rの後継車種で、2007年から製造・販売されているノッチバッククーペ型の高級スポーツカーです。

そして、「パフォーマンスモデルの頂点」に位置づけられるレース活動での知見を生かしたモデルがニスモ(NISMO)です。

 

 

「NISMO」とは、これは「Nissan Motorsports」の略で、過酷なレースシーンで磨かれた究極のパフォーマンスカーに与えられる称号なのです。

 

スポンサーリンク


 

コラボレーションの経緯

GT-R ニスモのレゴ製品発売の経緯については、2016年4月7日にドリフト界の第一人者である川畑真人選手がNISSAN GT-Rを駆り、ドリフトの世界最高速度となる時速304.96km/hを達成し、ギネス世界記録を更新したことがきっかけのようです。

 

 

この直後にレゴ社から、日産側にコラボレーションのオファーがあったそうです。

日産自動車執行役副社長の星野朝子氏は、GT-Rニスモのレゴ化に対してこのように語っています。

「世界中のたくさんのファンに愛されるレゴの新商品に、NISSAN GT-R NISMOが日本車として初めて選ばれたことを、大変うれしく思います。私も子供のころはレゴで遊び、私の子供もレゴで遊んでいました。子供とともに、レゴでいろいろなものを作り、その作品を見せ合うなどの体験を通して、創造力を育みました。『スカイラインGT-R』から数えて、今年で50周年を迎えるGT-Rにとって、記念すべきことです。」

 

今回のセットの特徴である風を切り裂くような赤黒のグラフィックや大きなウイングは、2016年のドリフト・ワールドレコードチャレンジモデルのもの

 

レゴ日産GT-Rニスモ76896

 

もともと、この世界最高速度リフトの動画を見たレゴ社が「日本車もいいね!」となったとのことなので、2016年のドリフト仕様であることは外せなかったのでしょう。

そこに、GT-R ニスモ 2020年モデルの意匠も含まれた、ハイブリッドな作りとなっています。

 

スポンサーリンク


 

スペックの比較

実際の日産GT-R NISMOとレゴのGT-R NISMOのスペックの比較を下に示します。

面白くまとまっていますね。

日産 GT-R NISMOレゴ NISSAN GT-R NISMO
開発期間十数年約12か月
パーツ9万個以上298個
組み立て

時間

約8時間

(匠によるエンジン組み立て時間を除く)

レゴブロックで遊ぶエキスパートであれば約20分。

そうでない方は1時間

トップ

スピード

315km/h以上手の力加減次第
トランス

ミッション

6速DCT前と後ろに進むどちらか
重量1720kg193g
組み立て

説明書

含まれていない同梱
燃料プレミアムガソリン創造力
航続可能

距離

550km以上無限
楽しい時間エンドレスエンドレス

 

7歳以上を対象とした「スピードチャンピオンシリーズ」では、これまでにマクラーレン『セナ』や、1974年ポルシェ『911ターボ3.0』、フェラーリ『F40コンペティツィオーネ』など、世界中の様々なスポーツカーが登場していましたが、日本車は他シリーズを含め、レゴ史上初となります。

 

 

ちなみに、GT-R NISMOがドリフトの世界最高速度をたたき出しと時の動画がこちらです。

ドリフトがとてもカッコいい!!

 

レゴ・日産 GT‐R ニスモ 76896のレビュー

外箱

パッケージはスピードチャンピオンシリーズらしく黒を基調に決まっています。

 

レゴ日産GT-Rニスモ76896

 

パッケージ写真も、ばっちりドリフトを決めていますね!

サイドには、日産の公式ライセンス商品であることが記載されています。

レゴ日産GT-Rニスモ76896

パッケージの裏面はこんな感じです。

レゴ日産GT-Rニスモ76896

特徴的なリアビューの製品写真に加え、2016年のドリフト世界記録を出した時の写真が掲載されています。

レゴ社のこだわりを感じますね。

 

スポンサーリンク


 

ミニフィグ

車がメインのスピードチャンピオンシリーズですが、ドライバーとしてミニフィグが付属します。

 

レゴ日産GT-Rニスモ76896

赤いヘルメットに、ニスモのレーシングスーツを身にまとったミニフィグです。

これはレアすぎる!

レゴ日産GT-Rニスモ76896

レゴ日産GT-Rニスモ76896

顔はシングルフェイスですが、ヘアパーツを付け替えることが可能です。

 

 

GT-Rニスモ

それでは車体全体を見ていきたいと思います。

 

レゴ日産GT-Rニスモ76896

Vモーショングリル、フェンダー上のカーボンダクト、LEDポジションランプなどはシール処理となっていますが、これはなかなか似てるんじゃないでしょうか。

 

そしてGT-Rのアイコニックなデザインポイントである4連の丸テールランプはこんな感じです。

レゴ日産GT-Rニスモ76896

 

エキゾーストエンド、ウイングなどもレゴらしく”表現されています。

 

 

レゴ日産GT-Rニスモ76896

 

 

レゴ社側も「特に気を配ったのは、丸いテールランプの表現です。ここは、GT-Rのアイコンともいえる部分です。」とコメントしており、リアのデザインは製品化する上で力を入れたようです。

 

スポンサーリンク


 

フロントのGT-Rバッジがシールで描かれるなど、細部までていねいに再現されています。

 

レゴ日産GT-Rニスモ76896

これまでのレゴスピードチャンピオンシリーズの横幅は6スタッドだったのですが、このモデルから少し大きいサイズ(8スタッド)になりました

 

レゴ日産GT-Rニスモ76896

 

横幅が広がったので、内部もツーシーターになりました!

 

レゴ日産GT-Rニスモ76896

レゴ日産GT-Rニスモ76896

レゴ日産GT-Rニスモ76896

 

 

フロントのボンネットは、一部のパーツを外すことで開閉させることができます。

 

 

細かいギミックがレゴらしいですね。

 

カラーリングがシールで再現されている部分が多いですが、車全体のバランスやディテールはかなりうまく再現されていると思います!

 

レゴ日産GT-Rニスモ76896

スポンサーリンク


 

まとめ

レゴ日産GT-Rニスモ76896

さて、日本車初の公式レゴ商品「日産 GT-R ニスモ 76896」の商品のポイントをまとめたいと思います!

 

① 全体の再現度が高い!特にリアビュー!

② ニスモの限定ミニフィグが素敵!

③ 従来より車幅が広がった!

④ 3000円程度のお手頃価格

 

 

レゴの製品は絶版になってしまうと入手が困難になり値上がりします。

この日産 GT-R ニスモ 76896も、もしかしたら2020年以降は手に入らないかもしれません。

レゴの車好きはもちろん、日産好き、GT-R好きなら見つけたら即買い必至のセットだと思います!