2020
25
Jul

昔のレゴ紹介レゴの上手な買い方

【レゴの黄ばみ除去】黄ばんでしまったレゴを真っ白にする方法!

黄ばんだレゴを白くする方法

【最終更新日:2020年7月31日】

 

買ったばかりの時はピカピカで鮮やかな色だったレゴブロック。

年数が経つにつれて、ブロックの黄ばみが気になることはないでしょうか?

また、メルカリ等で中古で買った時に黄ばんだブロックが入っていることもありますよね。

 

特に黄ばみが目立つのが白いブロック!

黄ばんだ白いブロックはどこか汚く清潔感が欠けて見えます。

 

「捨てしまおうかな、、」と思う前に、試してください!

黄ばんだレゴは白くすることができるのです。

 

この記事では、黄ばんでしまったレゴブロックを白くする方法を説明したいと思います!

 

 

【レゴの黄ばみ除去】黄ばんでしまったレゴを真っ白にする方法!

 

黄ばんでしまったレゴブロック

さて、今回白くするのはこのセットの白いブロックです。

黄ばんでしまったレゴを真っ白にする方法

レゴ・アーキテクチャーのセットで、もともとは真っ白でキレイな建物だったのですが、経年劣化で黄ばみが激しくなりました。。。

新しい白いブロックを横に並べると、その黄ばみが目立ちます。

 

黄ばんでしまったレゴを真っ白にする方法

 

セットの元になっているファーンズワース邸はその白さが特徴なので、なんとかして白く戻したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

レゴブロックはABS樹脂

レゴブロックの材料は、ABS樹脂と言われるポリスチレン系高分子素材

 

 

Acrylnitrile (アクリルニトリル)、Butadiene(ブタジエン)、Styrene(スチレン)という、それぞれ特性の異なる三種類の物質からなる素材なので、頭文字を取ってABSと言われています。

丈夫で弾力性に優れたプラスチックで1963年以降レゴブロックの素材として使われています。

 

そして、このABS樹脂の黄ばみを除去するために必要になるのが、①過酸化水素水、②漂白活性化剤、③紫外線になります。

 

難しい言葉が並びますが、単純に言うと、酸素系漂白剤を使って太陽光に当てるだけ!

それでは詳しく説明していきます。

 

レゴブロックの漂白の手順

バラバラにして透明な袋に入れる

まずはセットをバラバラにしていきます。

 

黄ばんでしまったレゴを真っ白にする方法

 

表面のタイルを外すと、奥のブロックは真っ白!

このタイルのブロックを外すのは以前は至難の業でしたが、新しいブロック外しのおかげでだいぶ楽になりましたね!

 

黄ばんでしまったレゴを真っ白にする方法

 

ブロック外しを知らない方はこちらの記事をご覧下さい♪

関連記事

【レゴの外し方】取れないレゴも「ブロックはずし」を使えば全て解決!

 

 

 

スポンサーリンク


 

バラバラにしたブロックを、ジップロック等の透明な袋に入れていきます。

 

黄ばんでしまったレゴを真っ白にする方法

 

透明な袋である点がポイントです!

 

 

袋に水と漂白剤を入れる

袋に半分くらい水を入れ、その後に衣料用漂白剤を入れていきます。

ここでのポイントは酸素系漂白剤を使うことです。

手に入れやすい製品としては、花王のワイドハイターでしょうか。

 

 

裏面を見ると、きちんと過酸化水素(酸素系)の文字があります

 

 

これを原液のままで使いました。

全部のブロックが浸かるまで衣料用漂白剤をいれてください。

 

ちなみに、塩素系の漂白剤では効果がないのでご注意下さい!

 

 

太陽光の当たる場所に置く

漂白剤を入れた袋を太陽の光の当たる場所に置きます。

太陽の光を当てることがポイントなので、透明な袋を使うのですが、さらに鏡を下に敷くことをオススメします!

 

レゴを白くする方法

 

鏡を下に敷くことで太陽光が反射され、ブロックの下面や陰になっているブロックに光が届くようになります。

鏡があると効果が全然違いますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク


 

一日一回ブロックを混ぜる

あとは白くなるまで待つだけなのですが、太陽光が全部のブロックに当たるように一日一回ブロックを混ぜるのがオススメです。

袋をもみほぐして、裏側にあるブロックに光が当たるように前面に持ってくるイメージです。

 

真っ白になる期間は?

これは環境によるので一概には言えません。

太陽光の当たっている時間や光の強さによって、白くなるまでの時間が変わります

 

紫外線の強い7月頃は一日で真っ白になりましたが、3月頃は一週間近くかかったこともありました。

 

なお、一週間程度では、ブロックの素材が溶け出すなんてことはなかったのでご安心を

 

 

水洗いと乾燥にはネットがオススメ

細かいブロックが多いレゴなので、洗濯用のネットに入れて水洗いしていきます。

漂白剤が残っているとヌルヌルするので、水道水を勢いよく当ててキレイにしました。

 

 

乾燥はネットに入れたまま陰干しをしましょう。

 

 

スポンサーリンク


 

 

漂泊の効果

それでは効果の確認です!

 

黄ばんでしまったレゴを真っ白にする方法

<Before>

<After>


新しい真っ白のブロックと比較しても、遜色ないレベルにまで白くなりました。

 

レゴを白くする方法

色のついたブロックは?

最後に色のついたブロックを混ぜて同じように漂白してみました。

かなり古いセットで全体的に黄ばみがひどいですが、このセットもこのように真っ白になりました!

レゴを白くする方法

<Before>

レゴを白くする方法

<After>

 

黄ばみが完全に取れたのがわかりますね!

新品の白いブロックと比べても遜色ないレベルにまで白くなりました。

 

まとめ

今回の記事では、古くなって黄ばんでしまったレゴブロックを漂白する方法を紹介しました。

手順のポイントをまとめます!

 

●衣料用の過酸化水素系の漂白剤を使用

●ジップロックに入れて太陽光を当てるだけ

●下に鏡を敷くとさらに効果大

●色のあるブロックでも大丈夫

古いブロックでも簡単に真っ白にできますので、オークションやメルカリで購入しても安心です。

ぜひ試してみてください♪

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

関連記事【ミニフィグ購入方法】レゴ・ブロックの人形(ミニフィギュア)だけ買う6つの方法