2019
1
Apr

レゴジャパン様とのプロジェクト

【レゴジャパン公式】レゴムービー2のプロモーション写真の裏舞台を紹介

【最終更新日:2019年5月10日】

 

レゴジャパン様から依頼を頂き、映画「レゴムービー2」の関連商品のプロモーション写真の撮影をさせて頂きました。

この記事では、撮影に使ったレゴのセットの内容やプロモーション写真のコンセプト等を紹介したいと思います。

 

枠

レゴジャパン様からの別の写真依頼の裏舞台はこちら♪

【レゴジャパン公式】桜とお花見のレゴ写真の裏舞台を紹介

枠

 

【レゴジャパン公式】レゴムービー2のプロモーション写真の裏舞台を紹介

スポンサーリンク


ご依頼内容

レゴジャパン様からのご依頼はとてもわかりやすい内容でした。

公開を控えた「レゴムービー2」の新製品を使って、「楽しい・カワイイ・ワクワクする画像や動を作ってください」というもの。

作った作品は、製作者の名前を添えて、レゴジャパン公式のツイッターやフェイスブックで公開して頂けるとのことでした。

 

子供の頃からレゴが大好きでありながら、ビルダーではなくレゴの写真を撮っているだけの自分にとってはまさに夢のような話で、すぐに引き受けさせて頂きました。

 

写真提出の締め切りがレゴムービー2の公開より前だったので、全ての写真は映画の内容を観ることなく撮影したものになります。

 

写真に使ったレゴのセット

レゴジャパン様から写真や動画撮影用のレゴのセットが送られてきました。

郵送頂いたセットは2つ。

1つめは「770826 レックスのスーパーオフローダー」

 

主人公のエメットと新キャラクターのレックスのミニフィグが入っていて、カッコいいオフロードカーと恐竜を組み立てる男の子向けのセットでした。

※この製品の詳細レビューはこちらにまとめています♪

 

2つ目のセットは、「70824 ルーシーのとわがまま女王」でした。

 

こちらは女の子向けのセットで、前作から登場のルーシーや、新キャラクターである馬の姿をしたわがまま女王やお姫様姿のスーザン、メイヘム将軍が入っています。

それに加えて、バナナのキャラクターが特徴的なカワイイセットでした。

※この製品の詳細レビューはこちらにまとめています♪

 

プロモーション写真について考えたこと

セットを頂いてから、改めて製品のプロモーション写真を撮ることについて考えました。

普段の写真は、自分で楽しみながら自分の好きな写真に仕上げていくのですが、今回は依頼を頂いているのでスタンスが違います。

 

製品の魅力を伝えることで、子供たちに「欲しい!」と思ってもらえる写真や、子供たちの親に「これを買ってあげよう!」と思ってもらえる写真がよさそうです。

また、レゴムービー2の関連製品ですが、映画を観ていない人たちにも魅力を伝えることも大切だと思いました。

 

そこで、今回の写真では次の4つのことを特に意識しました。

 

・新製品の対象である子供たちがワクワクするような写真

・セットの内容をわかりやすく伝えるために組み替えはしない

・セット内容全体を写して、パーツは可能な限り全て写す

・映画の世界観やパッケージ写真に捕らわれ過ぎない

 

この4つを意識しながら、映画のセットを使って「屋外の風景の中でレゴを撮影すること」に挑戦しました。

スポンサーリンク


レックスのスーパーオフローダー

lego 70826

 

このセットは組み立てながら、すぐに写真の完成イメージが浮かんできました。

なんと言ってもこのセットの特徴は、車と恐竜という男の子が憧れる二つの乗り物が入っていることなので、その二つを並べてダイナミックに撮影しようと思いました。

 

家の中でセットを並べてイメージを固めていきます。

 

魚眼レンズを使って正面から撮影し、小さいレゴを最大限に大きくみせながら、車と恐竜に乗る二人のキャラクターがダイナミックに走るシーンをイメージしました。

レックスは笑顔ですが、エメットは慣れない恐竜の背中で戸惑っています。

 

lego 70826

 

残念ながら、この小さい謎の生き物だけ映りませんが、それ以外は全て一枚に入れることができます。

 

 

部屋の中で固めたイメージをもとに、屋外で撮影しました。

 

この写真での屋外撮影でのポイントは、光の向き、地平線と被写体のバランス、それから勢いよく飛んだ砂埃です。

セットを並べて、車の後ろに空気銃を用意して、撮影のタイミングで砂を勢いよく飛ばします!

 

 

荒々しい荒野を車が勢いよく走っている雰囲気が出せそうです。

 

撮影後は、Photoshopを使って加工していきます。

写ってしまった空気銃を消し、タイヤや地面を大きくブラせて、高速で走っている雰囲気を出しました。

 

完成した写真はこんな感じです。

 

二人が勢いよく走っている様子が伝われば嬉しいです!

 

せっかくの機会でしたので、このセットを使ってさらに2枚を撮影しました。

 

2枚目の写真がこちら。

 

この車はシート座席が2つあり、ミニフィグを2体並べられることが特徴だと思ったので、レックスの豪快な運転に戸惑っているエメットのイメージで撮影しました。

水しぶきはエアダスターを使って水をまき上げて、さらにPhotoshopで加工しています。

 

3枚目の写真では車を後ろから撮影しようと思いました。

DSC04150

 

というのも、この車は後部に攻撃用の銃と座席がついていて、ブロックを飛ばすことができるギミックになっているからです。

この特徴がわかるように、走る車から後ろに向かって攻撃しているようなシーンをイメージしました。

 

撮影した写真はこちらです。

lego 70826

 

あの謎の生き物をレックスが攻撃し、エメットが頑張って運転していますがホイールスピンしてしまっているシーンです。

車の後ろの砂埃は、空気銃で飛ばしていて、煙等はPhotoshopで加工しました。

 

このセットについては、これらの3枚を提出させて頂き、レゴジャパン様からこんな感じでtwitterに投稿して頂きました!

スポンサーリンク


ルーシーのとわがまま女王

lego 70824

 

続いてのセットはこちらです。

ルーシーが適役のわがまま女王たちの前に連れてこられるシーンのセットです。

これは正直かなり悩みました。

 

まず、わがまま女王やスーザン、メイヘム将軍やバナーナーは新キャラクターで、映画を観る前には特徴が掴めなかったこと。

それから、女の子向けのセットなので、女の子の喜ぶ世界観が男の僕にはイマイチつかめなかったことがあります。

 

とはいえ、悩んでいても仕方がないので、遊びながらイメージを固めていくことにしました。

 

遊んでいるうちに、ルーシーと敵役たちという雰囲気ではなく、みんなで楽しく遊んでいる感じの方が楽しそうだと思いました。

子供の頃、僕も妹とレゴで遊んだのですが、妹はあまり戦いとかに興味がなかったんですね。

小さいグラスやコップ等を並べて、おままごとのような遊び方をしていた気がします。

 

そこで、ティーパーティ的な雰囲気をコンセプトにして、レゴムービー2の世界観に合う場所で撮影することにしました。

 

東京国際フォーラムで撮影したレゴのウェディングフォト

 

撮影場所は東京国際フォーラムのガラス棟にしました。

透明感のあるガラスの建物がどこか未来的な雰囲気がある素敵な場所です。

 

撮影した写真がこちらです。

lego 70824

 

メイヘム将軍はヘルメットを外して女の子の姿のウェイトレスにして、みんなで楽しそうにお茶会をしているイメージにしました。

画面全体のキラキラはPhotoshopで追加しています。

 

同じティーパーティをコンセプトに撮影した別の写真がこちらです。

lego 70824

 

わがまま女王は姿を変えられるという特徴があるので、馬から姿を変えてみました。

また、特徴的なバナナのキャラクターは思い切ってルーシーとスーザンの乗るボートに見立てています。

また、静かな河畔のイメージにしたかったので、水面への映り込みを特に意識しています。

 

最後に、パッケージ写真と同じシーンを意識して、ルーシーが捕らえられている場面の写真も撮影しました。

lego 70824

 

未来感のある場所で、女の子にも興味を持ってもらえるようなキラキラした場所、、ということでイルミネーションの中での撮影に挑戦しています。

スローシャッターを使って撮影し、背景のイルミネーションと手前のレゴたちは合成しています。

 

撮影した場所は蒲郡にあるラグーナテンボスというテーマパークです。

 

水面に写り込むイルミネーションが綺麗でした!

 

こちらのセットについても、これらの3枚を提出させて頂き、レゴジャパン様からこんな感じでtwitterに投稿して頂きました♪

 

まとめ

lego 70826

 

今回の撮影は、僕にとって初めてレゴジャパン様から依頼を頂いた撮影になりました。

少しでも多くの方に新しい製品の魅力が伝わればと思います。

 

 

また、今回の撮影に向けて、セットを色々と並べ替えながらそれぞれの製品の魅力を探ったのですが、とても懐かしい気がしました。

というのも、大人になってから買ったセットは、完成したらすぐに飾ってしまうか、バラしてパーツとして使うことが多く、一つのセットでここまで遊んだのは久しぶりだった気がするのです。

とても楽しく貴重な経験になりました。

 

二つのどちらも魅力的ですので、オモチャ屋さんで見かけた時は、ぜひチェックしてみてください!

最後に、素敵な依頼を頂きましたレゴジャパン様、twitterにいいねやRTを下さるたくさんの方々、ありがとうございました♪

 

枠

レゴムービー2のレビューを記事にしました♪

【大人も子供もオススメ】映画レゴ・ムービー2のレビュー感想と楽しみ方

枠


レゴムービー2のミニフィギュアシリーズのレビューはこちら♪

【レゴのミニフィグ紹介】レゴ ムービー2のミニフィギュアシリーズをレビュー

枠

今回の2つのセットのレビューはこちら!

【レゴ・ムービー2】新製品「レックスのスーパーオフローダー 70826」のレビュー

【レゴ・ムービー2】新製品「ルーシーのとわがまま女王 70824」のレビュー

 

 

スポンサーリンク

 
コメントは利用できません。